手汗選びのありがちな誤解最新の記事

社会保険に入るには?

社会保険とは「協会けんぽ(または勤務先の健康保険)」や「厚生年金」のことを指します。

 

パートやアルバイトとして働いている方にとって「社会保険への加入」というのは大きな問題ですね。ぜひとも加入したい方、扶養の関係上入りたくない方など、人それぞれだと思います。では、パートやアルバイトで社会保険に加入すべき人とは、どのような人でしょうか。

 

日本に住む人は国の医療保険制度である「国民健康保険」に加入しています。また、20歳以上の方は「国民年金」という年金制度に加入しています。社会保険に加入するとは国民健康保険の代わりに「健康保険組合(協会けんぽ)」、国民年金の代わりに「厚生年金」に入るということになります。

 

 

社会保険の新規加入をする社労士はこちらへ!

 

 

企業は「正社員の3/4以上の勤務時間、勤務日数を働いている人」を社会保険に加入させなければなりません。いわゆる3/4ルールと言われるものです。(2016年10月より大企業において社会保険の加入ルールが緩和され、週20時間労働、年収106万円以上などのように条件が拡大されます。)

 

これはアルバイト、パートでも同じです。

アルバイトやパートといった種類を問わず、この条件を満たす人を、企業は社会保険へ加入させる必要があるのです。

手汗選びのありがちな誤解について


クラチャイダムゴールド銀行 ローン一本化 向いている人 向かない人妊娠線予防クリームランキン